声優専攻の学生が

CMナレーションに抜擢されました!!

稲沢CATV株式会社様が制作している第101回全国高等学校野球選手権愛知大会のCMナレーションに声優専攻2年生「河瀨 紗稀乃」さんが選ばれました。

その場で渡された台本をすぐに読み上げ、スムーズに収録を行っている姿は流石2年生!
日頃の勉強の成果が見えていました。
第101回全国高等学校野球選手権愛知大会CMは、愛知県の各ケーブルテレビにて放送中!(公式ホームページ


今回は24名の学生が学内でのオーディションに参加し、3名が最終選考へ選出される結果となりました。河瀨さんの他2名は声優専攻と俳優・タレント専攻の1年生!
入学してわずか2か月で企業との案件に参加できたことはとてもいい経験になったと思います。

選出された河瀨さんは体験入学のオープニングMCなども務めるなど精力的に活動をしています。
勉強だけではなく、沢山の現場経験が積めることが名古屋ビジュアルアーツの特徴です。

そして!
実はこの収録現場は名古屋ビジュアルアーツ内のレコーディングスタジオなのです!
レコーディングエンジニアは音響学科レコーディング専攻の2年生!


ディレクターの方が後ろでナレーションの指示を出しています。
緊張にも負けず慣れた手つきでレコーディングを進めていく姿はとても輝いていました!

まだまだこれだけでは終わりません!
後ろで指示を出していたディレクターさんはなんと・・・

2018年の映像学科卒業生です!!



演者、裏方、案件を頂ける企業の皆様。

名古屋ビジュアルアーツではエンターテインメントの総合校という強みを活かし、学生が活躍できる場を提供し、企業様との「産学連携」を積極的に取り入れ業界との繋がりを大切にしています。

この度、ご協力頂きました稲沢CATV株式会社様にはこの場を借りてお礼申し上げます。