映像学科2年生の櫻木千春さんが、
『全映協グランプリ2020』の学生部門の優秀賞に選ばれました!

◇◇ [ 学生部門 ] 優秀賞 ◇◇
『尖って、脆い』
専門学校名古屋ビジュアルアーツ
映像学科 櫻木千春

全映協とは、全国地域映像団体協議会の略で、

地域からの情報発信を目的に全国の独立系の映像制作会社が集結している団体です。

したがいまして、全映協グランプリとは、毎年開催されている全国規模の大きなコンテストなのです!

受賞者一覧はこちら!


【作品紹介】

櫻木さんの『尖って、脆い』は、自分のトゲに気づき、個性を求める若者の葛藤を描いた作品となっております。 誰もが1度は考えたことのある「個性」をテーマに約20分のストーリーに仕上がっております。 大学生が主人公となっており、「自分らしさ」とは何か、「真の個性」とは何か、様々な出来事から答えを探していく物語です。


 

櫻木さん、おめでとうございます!


名古屋ビジュアルアーツ映像学科では、テレビ番組制作・映画制作・動画制作など映像業界について、プロ仕様の機材を使って、実践的にしっかりと学べます!ご興味のある方は、毎週開催のオープンキャンパスへ!

オープンキャンパスのご予約はこちら!