©2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
©2015 “AN” film partners/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE
©2017“RADIENCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA,COMME DES CINEMAS,KUMIE



メッセージ

「自分の表現」をしっかり持つこと。思いは人に伝わる。

「自分の表現」を持ちさえすれば、いろんな人と表現ができる。それは人生の喜びです。

Profile

1997年、劇映画デビュー作「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭のカメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞し、2007年には「殯(もがり)の森」で第2席に当たるグランプリを獲得した。樹木希林さん主演の「あん」(15年)も監督。日本人では初めてのカンヌ映画祭の審査委員を務めるほか、10年から故郷で「なら国際映画祭」を立ち上げ、後進育成にも尽力している。18年、パリ・ポンピドゥセンターでは大々的な河瀨直美展が開催。2020年の東京オリンピック公式映画の監督に就任。映画監督の他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず表現活動を続け、プライベートでは野菜やお米を作る一児の母。最新作「朝が来る」2020年夏公開予定。